「オーナーズカード」や「イオンゴールドカード」でイオンラウンジの利用が可能です

昨日、イオンラウンジについて少し触れましたが、「オーナーズカード」や「イオンゴールドカード」でイオンラウンジを利用する方法をお話しいたします。

スポンサーリンク

イオンラウンジとは?

イオンの店舗の一角にあり、ソフトドリンクやコーヒー、お茶などが飲み放題で、イオン(トップバリュ)のお菓子(試供品)が1グーループに1セット貰えます。

また、雑誌も置いてあります。

お買物の合間にごゆっくりとおくつろぎいただくために、ラウンジ会員さまに限定したサービスを一部店舗でご用意しております。オーナーズカード会員の方もカードをご提示いただくことで、ご利用いただけます。

2017年10月20日現在、全国に184店舗のイオンラウンジがあります。イオンラウンジの店舗は全国のイオンラウンジ(PDF:604KB)で確認できます。

店舗によっては土日など混雑していて待つ事もあります。

イオンラウンジのルール

店舗によりローカルルールもあると思いますが、イオンラウンジの一般的なルールは次の通りです。

  • 1組最大4名
  • 1日1回30分以内
  • 利用時間は店舗により異なりますが、通常AM10:30~PM7:00(最終受付PM6:30)
  • 18歳未満の方のみでは利用不可
  • ラウンジ内では試供品以外の飲食は不可

イオンラウンジを利用するには

  1. オーナーズカード → イオン株式会社の株式を100株以上保有し、8月末日もしくは2月末日の株主名簿にもとづいて発行されます(上の写真がオーナーズカードです)。
  2. イオンゴールドカード → イオンカードを1年間で100万円を利用すると発行されます。
ずーと前に、イオンカードを作った事があり、もちろん今でもイオンでの買い物で愛用していますが… イオンカードにゴールドカードがあるって知って...

のどちらかで利用でます。

ちなみに、オーナーズカードはこちらです。このカードをラウンジで見せると入ることが出来ます。

このカードは、株主に本カートとして1枚と家族カードとして1枚の合計2枚が貰えます。

格安手数料は当たり前!新規に口座を開くならどこよりもお得に取引ができるネット証券口座開設数No.1のSBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

NISAをやるにも、ネット証券NISA口座数もNo.1の「SBI証券」がおすすめです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク