2018年から始まる「つみたてNISA」と、今までの「NISA」との違い

2018年1月から新しいNISAの制度「つみたてNISA」が始まりました。

つみたてNISA(以下:積立NISA)とは、今までのNISAとは違い積立専用のNISA(少額投資非課税制度)の事です。

スポンサーリンク

つみたてNISAのできること 概要

今まであったNISAは上場株式、投資信託、ETF等に対して、値上がり益、配当金や分配金にかかる税金が非課税になりますが、

積立NISAは、長期で積立をしている投資信託や上場投資信託(ETF)に対して、値上がり益、配当金や分配金にかかる税金が非課税になる積立専用のNISAです。

ただ、今までの「NISA」か「積立NISA」のどちらかの制度しか使えません。また、ジュニアNISAでの積立NISA制度はありません。

対象者 日本在住の20歳以上
対象商品 一定の条件を満たした投資信託や上場投資信託(ETF)を定期的に買付(積立)たもの
非課税投資枠 40万円/年間
非課税となる期間 最長20年(非課税枠は最大で、40万円×20年=800万円)

NISAについての注意事項

  • 元本が保証されていない(元本割れの可能性
  • 損益通算ができない
  • 分配金を再投資する場合は積立NISA枠を使う(再投資は新規積立NISA買い付けとなる)
  • 非課税とするには、配当金受領に「株式数比例配分方式」を選択する必要があり

他にも細かいルールがありますので、詳しくはご自身や証券会社でご確認ください。

積立NISAとNISAの違い

 積立NISA NISA
非課税投資枠  40万円/年間  120万円/年間
非課税期間 20年間 5年間
対象商品 一定の条件を満たした

  • 投資信託
  • ETF
  • 上場株式
  • 投資信託
  • ETF
 ロールオーバー  なし あり

NISA、積立NISAに関しては、各証券会社(例:つみたてNISA|SBI証券)のホームページにも記載されているのでご覧ください。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク